夏のレプリカ

講談社文庫
ナツノレプリカ
  • 電子あり
夏のレプリカ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

封印された夏の日の記憶!
眩い夏、不可解な誘拐事件、蘇る過去
真実は、偶数章だけで明かされる。

T大学大学院生の簑沢杜萌(みのさわともえ)は、夏休みに帰省した実家で仮面の誘拐者に捕らえられた。杜萌も別の場所に拉致されていた家族も無事だったが、実家にいたはずの兄だけが、どこかへ消えてしまった。眩い光、朦朧(もうろう)とする意識、夏の日に起こった事件に隠された過去とは?『幻惑と死と使途』と同時期に起こった事件を描く。

目次

  • 第2章 偶発の不意
  • 第4章 偶感の問
  • 第6章 偶語の思惟
  • 第8章 偶詠の悔い

製品情報

製品名 夏のレプリカ
著者名 著:森 博嗣
発売日 2000年11月15日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-273012-9
判型 A6
ページ数 520ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1998年1月に講談社ノベルスとして刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る