2020年日本から米軍はいなくなる

講談社+α新書
2020ネンニホンカラベイグンハイナクナル
著:飯柴 智亮 その他:小峯 隆生
2020年日本から米軍はいなくなる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

沖縄の米軍基地撤退は、あくまでアメリカの大きな軍事戦略のほんの一端でしかない。ぶっちゃけ全部いなくなっちゃったら、日本はどうなる!?米軍と中国軍と自衛隊の現状と今後を、元アメリカ陸軍大尉の飯柴智亮氏と筑波大学非常勤講師・小峯隆生氏との対話形式で、初心者にもわかりやすく、かみ砕いで解説した。まずは「米軍の常識=自衛隊は米軍のためのもの」を知ることから、始めよう。

目次

  • 序章 同床異夢の日米同盟
  •  米国にとって「日米同盟」とは
  •  米国の国益に拉致問題は関係なし
  • 第一章 米軍が日本から撤退する理由
  •  背に腹は替えられない米軍
  •  米軍の戦術はアウトレンジが基本
  •  日本の機密保持に不安あり
  • 第二章 在日米軍撤退の行程表
  •  中国は負け戦はやらない
  •  沖縄米軍の命運は、中台関係が握る
  •  「台湾は空母20隻分の価値がある」
  •  中国は空母を増やすのか?
  •  ほっといても米軍はいなくなる
  •  中国空軍戦闘機が2000機を超えた時
  •  沖縄米軍の転進先
  •  米軍ベトナム基地ふたたび
  •  撤退計画は朝鮮半島の情勢次第
  •  三沢基地の隠された価値
  •  横須賀・第7艦隊だけは絶対に必要
  •  米軍にとっての真の「強敵」
  •  宇宙では中国がやりたい放題
  • 第三章 米軍なしで日本は中国に勝つ!
  •  撤退こそ米軍の基本方針
  •  米軍のいない日本は中国にどう映るのか?
  •  今こそ日本に国家軍事戦略が必要だ
  •  日本に合うミサイル戦略を考える
  •  自衛隊は米軍のためのもの
  •  自衛隊だけで日本をどう守る?
  •  とりわけ日本の空をどう守る?
  •  また最後まで「零戦」で戦い続けるのか
  •  日本が空母を持てる日
  •  日中空母が激突したら?
  •  日本国海兵隊・Jマリーン、出動す!!
  •  対中国で、陸上兵力は出番ナシ
  •  陸自はこう改編すべきである
  •  日本軍に戦車はいらない
  •  中国が一番嫌な兵器はオスプレイ

製品情報

製品名 2020年日本から米軍はいなくなる
著者名 著:飯柴 智亮 その他:小峯 隆生
発売日 2014年08月21日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-272864-5
判型 新書
ページ数 176ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:飯柴 智亮(イイシバ トモアキ)

1973年東京都生まれ。元アメリカ陸軍大尉、軍事コンサルタント。16歳で渡豪、『ランボー』に憧れて米軍に入隊するため19歳で渡米。北ミシガン州立大に入学し、学内にて士官候補生コースの訓練を修了。1999年に永住権を得て米陸軍入隊。精鋭部隊として名高い第82空挺師団に所属し、2002年よりアフガニスタンにおける「不朽の自由作戦」に参加。“世界で最も危険な場所”と形容されるコナール州でタリバン掃討作戦に従事。2003年、米国市民権を取得して2004年に少尉に任官。06年中尉、08年大尉に昇進。S2 情報担当将校として活躍。日米合同演習では連絡将校として自衛隊と折衝にあたる。同年除隊。現在、アラバマ州トロイ大学で、国際問題を研究し、国際政治学でPhdを目指す。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス