「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術

講談社+α新書
サキオクリハセイブツガクテキニタダシイ
  • 電子あり
「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

先送り、死んだふり、パラサイト……ビジネスマンとして不道徳な行動は、科学的に正しい生存戦略。目からウロコの「生き残りの技術」。

目次

  • 序 章 弱者は「対捕食者戦略」で生き残れ
  •  ビジネスマンも生物も自然淘汰
  •  庭の中の「殺戮」
  •  生物の原点は「生きる」
  •  生物の対捕食者戦略に学べ!
  •  先送り、擬態、寄生……多彩な技
  • 第1章 変化のすすめ
  •  DNAの「融通性」と「適応力」
  •  生物は自在に「変容」する!
  •  運命は遺伝子だけでは決まらない
  •  ジャンクDNAはスイッチだった
  •  遺伝子ダイエット
  •  頭がデカくなるオタマジャクシ
  •  朝令暮改は生物の防衛戦術
  • 第2章 先送りのすすめ
  •  上司と部下は天敵と餌食の関係!?
  •  生態系ピラミッドとフードウェブ
  •  職場のガラパゴス化
  •  七つ星の悪魔の最適採餌戦略
  •  死んだふりは「動かない戦術」
  •  ファーブル以来の大疑問
  •  死んだふりは生存に役立つか?
  • 第3章 擬態のすすめ
  •  武器がなければ「潜伏」せよ
  •  隠遁者には限界がある
  •  敵から隠れる能力「クリプシス」
  •  カモフラージュ(偽装)は有効
  •  曖昧さの「エッジング効果」
  •  上司に対抗するための仮装戦略
  •  白い蛾の謎の黒色化事件
  •  食べられないように色を変えた?
  •  答えは自然界の生物が知っている
  • 第4章 休みのすすめ
  •  進化生物学的に休め!
  •  冬眠と時計遺伝子
  •  フレックスタイム制は正しい
  •  なぜ人はいつでもSEXできる?
  •  バッタの大移動と労使紛争
  •  人間にも蛹化の時間が必要だ
  • 第5章 寄生のすすめ
  •  弱者が自立を目指すのは間違い
  •  派閥の本質は「利己的な群れ」
  •  「トムとジェリー」と寄生虫
  •  カマキリを操るハリガネムシ
  •  左利きが右利きに寄生する
  •  世界にはコバンザメが溢れている
  •  よきホスト、上司、伴侶で決まる
  • 第6章 共生のすすめ
  •  双方が得をする「共生の関係」
  •  カッコウ以外の巣の上で
  •  悪魔のようなカッコウ戦略
  •  托卵と没個性のサラリーマン
  •  妥協こそ進化の産物
  •  カッコウが用心棒になる?
  •  ミトコンドリアと腸内細菌
  •  切っても切れない関係がベスト
  • おわりに

製品情報

製品名 「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術
著者名 著:宮竹 貴久
発売日 2014年03月20日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272839-3
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る