北朝鮮の人間改造術、あるいは他人の人生を支配する手法

講談社+α新書
キタチョウセンノニンゲンカイゾウジュツアルイハタニンノジンセイヲシハイスルシュホウ
北朝鮮の人間改造術、あるいは他人の人生を支配する手法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「悪の心理操作術」を仕事や恋愛に使うとどうなる!?
日常生活で知らず知らず受けている洗脳の恐怖!
「イエスマン」を大量生産し、自らを神格化! 金正日が完成した究極の人間改造術の全貌

北朝鮮の「人間改造」などというと、何かおぞましい感じがするが、「人間改造」は、実は北朝鮮などの独裁国家の専売特許などではなく、身近にも存在する。日本ではかつてのオウム真理教などの「破壊的カルト」と呼ばれる一部の団体が、中国共産党が開発した洗脳の技術を応用して信者から財産や労働力を提供させている。こうした洗脳は、破壊的カルトでなくとも、日常生活のなかで何気なく行われている。本書では、北朝鮮が国家レベルで行っている「人間改造」を中心とした国民統制の手法を解明することを目的としているが、我々が日常的に触れている巧妙な心理操作による「人間改造」についても触れていきたい。すなわち「他人の人生を支配する手法」である。

●「人間改造」は日本にも存在する
●「イエスマン」大量生産の秘密
●明らかな嘘を信じるメカニズム
●独裁者の下でうまく立ち回るには
●暴力男だけと付き合う女性の心理
●組織が階級制度を採用する意味
●戦時中の日本と北朝鮮の共通点
●個人の精神を孤立化させる技術
●恐怖による統治の限界点とは
●人間改造術で人間関係を円滑に

製品情報

製品名 北朝鮮の人間改造術、あるいは他人の人生を支配する手法
著者名 著:宮田 敦司
発売日 2010年10月22日
価格 定価:922円(本体838円)
ISBN 978-4-06-272680-1
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

書店在庫を見る