自衛隊はどこまで強いのか

講談社+α新書
ジエイタイハドコマデツヨイノカ
自衛隊はどこまで強いのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自衛隊は北朝鮮のテポドンを落とせるのか 日本に既に導入されている「北朝鮮攻撃兵器」とは何か? 日本が世界一のレベルにある兵器を紹介しながら、日本の軍事力と国防力の真実をすべて白日の下に晒す!

目次

  • 第1章 自衛隊は北朝鮮と戦えるのか
  • 第2章 専守防衛で日本を守れるのか
  • 第3章 最新兵器から考える新防衛論
  • 第4章 日米安保の功罪
  • 第5章 軍拡国家・中国が狙うもの
  • 第6章 ロシアが目指す場所
  • 第7章 日本が世界一の軍事技術
  • 第8章 自衛隊はどこまで戦えるのか

製品情報

製品名 自衛隊はどこまで強いのか
著者名 著:田母神 俊雄 著:潮 匡人
発売日 2009年03月20日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272567-5
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:田母神 俊雄(タモガミ トシオ)

(たもがみ・としお)
1948年、福島県に生まれる。元航空自衛隊幕僚長。
防衛大学校卒業後、1971年、航空自衛隊に入隊。第6航空団司令、統合幕僚学校長、航空総隊司令官の要職を経て、2007年、航空幕僚長に就任。2008年10月、自身の論文において、集団的自衛権の行使を日本国憲法違反とする政府見解や1995年の「村山談話」と異なる主張を発表したことなどが問題視されたことを受け、航空幕僚長の職を解かれる。その後、航空幕僚監部付になり、11月に定年退官。同月、参議院外交防衛委員会に参考人として招致されるも、論文内容を否定するつもりはないことを改めて強調。著書には、『自らの身は顧みず』(ワック)、『日本は「侵略国家」ではない!』(共著、海竜社)など。

著:潮 匡人(ウシオ マサト)

(うしお・まさと)
1960年、青森県に生まれる。評論家、帝京大学短期大学人間文化学科准教授。早稲田大学法学部卒業(在学中は雄弁会幹事長を務める)。同大学院法学研究科修士課程修了後、東京放送報道制作部契約社員を経て、1983年、航空自衛隊に入隊。航空教育隊区隊長、第8航空団修理隊計器小隊長、防衛庁長官官房広報課・広報誌「セキュリタリアン」編集長などを歴任。1994年、三等空佐で退官。著書には、 『北朝鮮の脅威を見ない人たち』(小学館文庫)、『常識としての軍事学』(中公新書ラクレ)、『司馬史観と太平洋戦争』(PHP新書)、『アメリカが日本を捨てる日』『超日本国憲法』(共著、以上講談社)など。

おすすめの本