強すぎた名馬たち

講談社+α新書
ツヨスギタメイバタチ
強すぎた名馬たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

強さは罪か。強さに人が乱れる!馬主、厩舎、騎手が明かす真相!!
速くて強いがゆえに期待され才能をつぶされる。関係者だけが知る真実とは。トキノミノルからサイレンススズカまで、遺伝子を残さず逝った伝説の名馬が、今ここに蘇る!!

なにが歴史的名馬か、これは常に競馬界のテーマである。たぶんシンザン、シンボリルドルフ、ナリタブライアンなどの三冠馬を中心とした、いわゆる名馬になるのだろう。しかし、いま一度競馬の歴史を考えると、“スピード”という大きな潮流があることに気がつく。(中略)といった観点に立てば、それはサイレンススズカであり、ハマノパレードであり、トキノミノルである。事実トキノミノルは、明らかにスピードでシンザンをしのぎ、サイレンススズカの才能はシンボリルドルフに勝るものだった。それにもかかわらず、これらの馬は歴史的名馬にはなりえなかった。短い栄光の直後に世を去ったからである。したがって遺伝子を残さず、歴史もつくれない。その速さ、強さは語り草だが、やがてその名は、時代とともに忘れ去られていくのだろう。

●スピードの化身、神の嫉妬か
●逃げ切りとは無敵の独走なり
●自力勝負で勝つ能力はある
●小柄な体に宿る強靱な競争生命
●ダービーを勝つために生まれた
●巨体の「不沈艦」最後の真実
●スピードも能力も半端じゃない
●天才と狂気が同居した強烈な個性
●人に翻弄され才能を滅ぼす
●鬼神も避けよ、怒濤の追い込み

製品情報

製品名 強すぎた名馬たち
著者名 著:渡辺 敬一郎
発売日 2004年02月21日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-272240-7
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社+α新書

おすすめの本

書店在庫を見る