「痛い」「だるい」は生活習慣病のサイン

講談社+α新書
イタイダルイハセイカツシュウカンビョウノサイン
「痛い」「だるい」は生活習慣病のサイン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

だれもが感じる症状に病気が隠れている!!

身近な症状は思いがけない病気が原因だった!?自分ではよかれと思ってやっていた健康法が、じつは勘違い!?大学病院の診察室で内分泌科専門の医師がみた実例集!

「生活習慣病」という言葉をテレビやラジオなどで見聞きする機会は多いが、はたしてその意味はと問われると、なんとなく知っているだけというのが一般的で、はっきりした答えが出てこないものである。
生活習慣病というのは1つの疾患を指すのではなく、生活習慣が発症、進行に関与する一群の疾患を総称する行政用語であると、1996年の公衆衛生審議会成人病難病対策部会で明記されている。
肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧、循環器病、大腸がん、アルコール性肝炎、骨粗しょう症、歯周病などがこの疾患群に含まれる。
このような疾患を生活習慣病というのなら、現代人はまさに「生活習慣病に脅かされる歴史上まれにみる人類」ということになる。

●「たかが」といえない身近な症状
●しびれ、けいれん
●のどの渇き
●頭痛、腹痛
●腰痛、ひざの痛み
●原因不明のだるさ
●年のせいだと思っていたら
●奇妙な症状
●症状はないけれど
●現代人の養生訓

製品情報

製品名 「痛い」「だるい」は生活習慣病のサイン
著者名 著:西沢 良記
発売日 2003年11月22日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-272224-7
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書
初出 備考参照