安曇野一日の花歩き野歩き

講談社+α新書
アズミノイチニチノハナアルキノアルキ
安曇野一日の花歩き野歩き
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

安曇野に移住し19年の写真家が綴る花の宝庫
日本で一番美しい花が咲き乱れる北アルプス山麓・安曇野の地。30ヵ所の花地図を携えて、四季の移ろいの神秘をたっぷり堪能できる本!!

遠くへ出かけて、安曇野まで帰ってくると、心を落ち着かせてくれる景色にほっとする。南北に連なる北アルプスの山々に沿って、町や村が点在している。曇っていても、北アルプスの存在が感じられる。霞んでいれば、山々は限りなく高く見える。その景色の中に車を走らせながら、“ああ、帰ってきた”と、安堵の気持ちに満たされるのだった。わずか数日しか離れていなくても、そう思えた。私が安曇野に移り住んだのは、20代後半からよく訪れた安曇野で、たとえば久々に故郷の地を踏むように、野草の花が咲く野山がそこかしこにあったからである。訪れるたびに、心が癒されたからである。

目次

  • 第1章 いつも劇的な安曇野
  • 第2章 春、花前線がとおる
  • 第3章 初夏、カッコウの鳴くころ
  • 第4章 夏、北アルプスの風
  • 第5章 秋、時雨のころ
  • 第6章 冬、冬の華を訪ねて

製品情報

製品名 安曇野一日の花歩き野歩き
著者名 著:増村 征夫
発売日 2000年06月20日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-272022-9
判型 新書
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社+α新書

書店在庫を見る