ユング オカルトの心理学

講談社+α新書
ユングオカルトノシンリガク
ユング オカルトの心理学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人の心の最大の神秘に鋭いメスを入れる!
自分自身オカルト体験をしているユングが、死後の魂の存在の問題など、人間の無意識、深層心理を大胆に掘り起こす。超心理学な本!!

私がここに集めた論文をまとめて世に出そうとする理由は、それらがすべて、人間の心に関するあるきわどい問題、つまり死後の魂の存在の問題に、関係しているからである。最初の論文は、死者の霊と交信しているという、ある若い夢遊病の未婚女性について説明している。第2の論文は、解離と「部分魂」(もしくは分離人格)の問題を扱っている。第3の論文は、不死への信仰の心理と、死後の魂の存続の可能性を論じている。不死について考えることは正常であり、それらを考えないこと、あるいはそれを気にしないことこそ異常である。

目次

  • 序章 人の心に関するきわどい問題
  • 第1章 心霊的現象
  • 第2章 無意識の心理学
  • 第3章 魂と死
  • 第4章 超心理学
  • 終章 「心の闇」に挑んだユングの生涯──島津彬郎

製品情報

製品名 ユング オカルトの心理学
著者名 著:カ-ル.グスタフ・ユング 訳:島津 彬郎
発売日 2000年06月20日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-272020-5
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

書店在庫を見る