食い物を粗末にするな

講談社+α新書
クイモノヲソマツニスルナナミノニホンジンノショクブンカロン
食い物を粗末にするな
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

飽食・贅沢の日本人よ今にバチが当たるゾ!!
不景気だって?なら、なぜ食い物を捨てる!天才落語家が「美味い水掛け飯」「正しいカレーの作り方」「ペット様の食生活」他を論じる!!

こんなに世の中に食い物が氾濫してるのに、まだあせり、ガッつき、あれも、これもと食い漁り、“それを食わなきゃ生きてる価値が無い”とばかりに群がり、集まり、食らいつく。見ようによっちゃあ地獄であり餓鬼である。戦中、戦後の、あの物資(もの)の無かった時代、芋と水ばかりの中にわずかに米の浮いていた「雑炊」を、命を賭けて奪い合ったあの頃と、図式は1つも変わっていない。昔のそれは“己の生命(いのち)”という生きるためだったが、現在(いま)は……一体何のためか、少なくも、“生きる、死ぬ”という生命の問題ではあるまいに。なら何なのだろう。かほどに食い物の有り余る現代(ごじせい)に“未だ食ってない食物(もの)が残っている”“それを食わないでは死に切れない”とばかりに世界の食い物を、珍を、奇を、求めて血眼である。

目次

  • 第1章 “捨てる”“残す”に腹が立つ
  • 第2章 この世で一番美味いもの
  • 第3章 食いたきゃ己の手で作れ
  • 第4章 貧乏人の成り上がり発想
  • 第5章 この世の終わり、最後の晩餐

製品情報

製品名 食い物を粗末にするな
著者名 著:立川 談志
発売日 2000年03月01日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272006-9
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社+α新書