良寛の恋 炎の女 貞心尼

リョウカンノコイホノオノオンナテイシンニ
良寛の恋 炎の女 貞心尼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いくつになっても恋はできる
良寛七十歳、美貌の貞心尼三十歳との出逢い。
一瞬で情熱の炎が燃え上がる――これまでの良寛像を覆す渾身の話題作!

二人はお互いに強く惹かれあった。そして良寛が亡くなるときに、その最期を看取ったのが貞心尼だったのである。
普通の関係ではなかったのではないか。私はそう思っていた。しかし、なにしろあの良寛である。悟りという言葉を聞けば、人はすぐに良寛を思い浮かべるほど、ある高い境地に達した人だ。「散るさくら、残るさくらも、散るさくら」などという句を作った人が齢(よわい)七十にして、女に迷うことなどあるのだろうか。――<本文より>

製品情報

製品名 良寛の恋 炎の女 貞心尼
著者名 著:工藤 美代子
発売日 2007年11月02日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-269271-7
判型 四六
ページ数 358ページ
初出 「恋雪譜」として『新潟日報』などに連載(2006年6月23日~2007年6月25日)したものを加筆・修整して刊行。

書店在庫を見る