江戸に学ぶ「おとな」の粋

エドニマナブオトナノイキ
江戸に学ぶ「おとな」の粋
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

たのしいことありますか。
ゆとりをもっていますか。
趣味がありますか。
別の自分になってみよう。

●趣味は「読み書き」
●大人の「修学旅行」
●性の「粋あそび」
●「心づけ」の心得
●若者への「ひとこと」
●「こぎれい」なおしゃれ
●「始末」の美学
●「義兄弟」のすすめ
●「信心」のニッポン教
●老いも死も「迎えるもの」
――目次より

江戸を知って「おとな」になろう。
そのために粋なあそびを覚えたい。ほめ上手・おだて上手に始まって、「心づけ」など心得よう。
出会いをたのしむ旅行にも、たしなみ見えるオシャレにも、江戸のオトコはすぐれてた。
人生そろそろ終盤戦。よき老人の基本には、つつしむことが必要だ。
残り少ないこれからを粋に、よたかに、ほどほどにたのしむ秘訣が江戸にある。

製品情報

製品名 江戸に学ぶ「おとな」の粋
著者名 著:神崎 宣武
発売日 2003年02月17日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-268307-4
判型 四六
ページ数 240ページ
シリーズ The New Fifties

おすすめの本

書店在庫を見る