紅はこべ

ベニハコベ
紅はこべ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

英仏海峡をはさんだ救出劇の結末は?
上流社会の美しきヒロインが熱い思いをいだく、「正義の人」の意外な正体。

革命の嵐が吹きあれる、18世紀末のフランス。死刑判決を受けた貴族とその家族たちを、処刑直前に救いだす、なぞの一味があった。一味の首領の名は「紅はこべ」。きょうも、革命政府と紅はこべの知恵くらべがくりひろげられる。
――『怪盗ルパン』などの作品に影響をあたえたといわれる、大活劇歴史ロマン。

製品情報

製品名 紅はこべ
著者名 文:山崎 洋子 原作:バロネス・オルツィ 絵:永田 千秋 解説:権田 萬治
発売日 1998年11月20日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-268014-1
判型 四六
ページ数 266ページ