「紅藍の女」殺人事件

講談社文庫
クレナイノヒトサツジンジケン
「紅藍の女」殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新進ピアニスト・三郷夕鶴(みさとゆづる)に相談を受けた浅見光彦。夕鶴の父が「はないちもんめ」というメッセージを受け取って以来、様子がおかしいのだという。浅見は、夕鶴の話から深い秘密の存在を感じとり、三郷家の古里、山形県河北町を訪ねる。童唄(わらべうた)に秘められた過去、連続する殺人事件、浅見の推理が冴えわたる。

製品情報

製品名 「紅藍の女」殺人事件
著者名 著:内田 康夫
発売日 2000年06月15日
価格 定価 : 本体495円(税別)
ISBN 978-4-06-264874-5
判型 A6
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’90年10月に徳間書店より刊行され、’94年6月に徳間文庫に収録、その後’98年8月に愛蔵版として刊行された。