花櫓

講談社文庫
ハナヤグラ
  • 電子あり
花櫓
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸芝居町・中村座。8代目・中村勘三郎には、二人の娘があった。妾の子・お菊。正妻の子・お珊。気性も、抱く夢も違う二人の、娘から女への成長と葛藤。市川団十郎、松本幸四郎、尾上菊五郎ら、きら星のごとき名優たちの息づかいの中に描かれる、凛々しくも、真珠のように輝く、恋物語。櫓が上がり、柝(ひょうしぎ)が鳴る。恋の舞台の幕が開く。

製品情報

製品名 花櫓
著者名 著:皆川 博子 解説:宇江佐 真理
発売日 1999年09月14日
価格 定価:975円(本体886円)
ISBN 978-4-06-264698-7
判型 A6
ページ数 520ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『毎日新聞』1995年1月1日~9月30日 1996年7月、毎日新聞社より単行本刊行された

書店在庫を見る

オンライン書店で見る