蝕みの果実

講談社文庫
ムシバミノカジツ
  • 電子あり
蝕みの果実
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

米国スポーツ社会に生きる日本人の壮絶な闘い方と苦悩を描く7篇。セミ・ファイナルに名を借りた“私刑(リンチ)”の開始ゴングは鳴った。だが、負け犬にも魂がある……。アメリカ・スポーツ社会の片隅で孤高の闘いを続ける日本人たち。彼らの壮絶な生き方と苦悩をダイナミックに描くハードボイルド小説集。冒険小説の第一人者が10年間の日米関係の変遷をも浮き彫りにする渾身の7篇。(講談社文庫)


アンチ・ヒーロー達の孤高の魂が煌めく!
米国スポーツ社会に生きる日本人の壮絶な闘い方と苦悩を描く7篇

セミ・ファイナルに名を借りた“私刑(リンチ)”の開始ゴングは鳴った。だが、負け犬にも魂がある……。アメリカ・スポーツ社会の片隅で孤高の闘いを続ける日本人たち。彼らの壮絶な生き方と苦悩をダイナミックに描くハードボイルド小説集。冒険小説の第一人者が10年間の日米関係の変遷をも浮き彫りにする渾身の7篇。

製品情報

製品名 蝕みの果実
著者名 著:船戸 与一 解説:関口 苑生
発売日 1999年10月15日
価格 定価:765円(本体695円)
ISBN 978-4-06-264697-0
判型 A6
ページ数 478ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1996年10月、小社より単行本として刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る