銀色のあしあと

講談社文庫
ギンイロノアシアト
銀色のあしあと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

苦しみに会ったことは私にとって幸せでした――不慮の事故で手足の自由を失い、筆を口にくわえ、花に寄せて命の詩画(しが)を歌い上げる星野富弘。大病に怯(ひる)まず執筆を続ける作家・三浦綾子が、彼を訪ね、美しい自然の中で生きることの喜びを語り合う。爽やかな風が心を包み、癒やされ、生きる勇気を呼び起こす感動の対話。心迷う時、そっと手にとってください。

製品情報

製品名 銀色のあしあと
著者名 著:三浦 綾子 著:星野 富弘
発売日 1999年10月15日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-264682-6
判型 A6
ページ数 138ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『百万人の福音』に掲載の後、1988年9月いのちのことば社より刊行

書店在庫を見る