銀行マンの掟

講談社文庫
ギンコウマンノオキテ
著:荒 和雄 解説:山田 智彦
銀行マンの掟
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

銀行の理不尽さに腹が立ちませんか。“銀行の常識は世間の非常識”と言いきる元支店長が、自省の念をこめ銀行マンの生態を洗いざらい暴露する。なぜこんな時代遅れの掟がまかり通るのか。危ない銀行チェックにも最適。〈本書は和気義一の筆名で刊行された作品ですが、文庫化にあたり、著者名を本名に改めました〉

製品情報

製品名 銀行マンの掟
著者名 著:荒 和雄 解説:山田 智彦
発売日 1999年10月15日
価格 定価 : 本体657円(税別)
ISBN 978-4-06-264648-2
判型 A6
ページ数 238ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 単行本1994年三笠書房刊、文庫1996年サンマーク出版刊 本文庫に収載するに当たって、単行本時の著者名・和気義一を、本名の荒 和雄に改めました