迷走法廷

講談社文庫
メイソウホウテイ
  • 電子あり
迷走法廷
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

老獪・猪狩文助、異例の弁護術! 白昼のホテルで起きた5億円強奪事件。医科大入学をめぐる大逆転劇。ーー私立医科大学の副理事長が、5億3千万円を強奪されたと、大ホテルの階段を転げ落ちるように降りてきた。白昼の事件で目撃者も多数、犯人の有罪は確実と思われたのだが……。ゆうに80歳を越えた、しょぼくれ果てた薄汚い老人・猪狩文助が、よごれた風呂敷包みを広げると、摩訶不思議な法廷術が現れる――。

製品情報

製品名 迷走法廷
著者名 著:和久 峻三 解説:小梛 治宣
発売日 1998年05月15日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-263779-4
判型 A6
ページ数 318ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1980年に角川文庫として刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る