山陰の隘路

講談社文庫
サンインノアイロ
著:津村 秀介 解説:山前 譲
  • 電子あり
山陰の隘路
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鳥取・米子の奥座敷、皆生(かいけ)温泉のホテルで、女の絞殺死体が発見された。同日、大阪・伊丹空港のターミナルビルでは、男の刺殺死体が……。そして死者のブルゾンのポケットには、真新しいサバイバルナイフが潜んでいた。山陰と関西にまたがる疑惑に、翻弄される捜査陣。真犯人を追う浦上伸介の前に、次々と立ちはだかる鉄壁のアリバイとは?

製品情報

製品名 山陰の隘路
著者名 著:津村 秀介 解説:山前 譲
発売日 1998年04月15日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-263761-9
判型 A6
ページ数 316ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1995年4月、講談社ノベルスとして刊行

オンライン書店で見る