海よ、島よ

講談社文庫
ウミヨシマヨ
  • 電子あり
海よ、島よ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

壱岐島は海賊の前線基地、対馬は海賊の集合地だった。佐渡島では、遠く離れた長崎と同じバッテン言葉が使われていた……。四面環海という立地条件に恵まれながら、海に背を向け陸地中心の考え方ばかりしてきた日本人に異議を唱える。海洋時代小説の第一人者が、自らの足でたどって考えた、海から見た日本の歴史。

製品情報

製品名 海よ、島よ
著者名 著:白石 一郎
発売日 1997年11月14日
価格 定価 : 本体438円(税別)
ISBN 978-4-06-263639-1
判型 A6
ページ数 238ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’94年11月に小社より刊行

オンライン書店で見る