「おくのほそ道」を旅しよう

講談社文庫
コテンヲアルク11オクノホソミチヲタビシヨウコテンヲアルク
「おくのほそ道」を旅しよう
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古典の舞台を巡る新しい発見の旅
みちのくの旅に芭蕉の面影を訪ね、大いなる東北の心に触れる喜び。「古典を歩く」シリーズ第1弾!

漂泊の旅こそ人生と定めて、元禄2年の晩春、芭蕉は江戸を後にした。眷恋の地みちのくの、歌枕をめざして……。その出発から300年の後、同じように旅を愛する作家が東北に旅立つ。日本人の心に深い感動を刻む『おくのほそ道』に残る、芭蕉の面影を慕って……。時を超えて触れあう2つの詩心。古典の旅の決定版。

製品情報

製品名 「おくのほそ道」を旅しよう
著者名 著:田辺 聖子 解説:櫻井 武次郎
発売日 1997年10月15日
価格 定価:535円(本体486円)
ISBN 978-4-06-263618-6
判型 A6
ページ数 274ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1989年9月に、書下ろしシリーズとして小社より刊行された、[古典の旅]―⑪『おくのほそ道』を、改題

書店在庫を見る