間諜 二葉亭四迷

講談社文庫
カンチョウ フタバテイシメイ
  • 電子あり
間諜 二葉亭四迷
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明治の文豪・二葉亭四迷は、日本陸軍の指令を受けたスパイだったのか!? ウラジオストック、ハルビン、北京……を舞台に彼の足跡をたどり、隠された真実を明かしてゆく。日露戦争前後に繰り広げられた諜報戦や遠くポーランドの独立運動との関わりまでをも描いた、史実に基づく壮大な歴史ミステリーの傑作長編。(講談社文庫)


明治の文豪・二葉亭四迷は、日本陸軍の指令を受けたスパイだったのか!? ウラジオストック、ハルビン、北京……を舞台に彼の足跡をたどり、隠された真実を明かしてゆく。日露戦争前後に繰り広げられた諜報戦や遠くポーランドの独立運動との関わりまでをも描いた、史実に基づく壮大な歴史ミステリーの傑作長編。

目次

  •  プロローグ
  • 第一章 東京
  • 第二章 ウラジオストック
  • 第三章 ハルビン
  • 第四章 北京
  • 第五章 東京
  • 第六章 樺太
  • 第七章 東京
  • 第八章 ヨーロッパ
  • 第九章 いずこへ
  •  エピローグ
  • あとがき

製品情報

製品名 間諜 二葉亭四迷
著者名 著:西木 正明 解説:清原 康正
発売日 1997年05月14日
価格 定価 : 本体638円(税別)
ISBN 978-4-06-263557-8
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1994年4月に小社より刊行

オンライン書店で見る