虹列車の悲劇

講談社文庫
ニジレッシャノヒゲキ
著:阿井 渉介 解説:山前 譲
  • 電子あり
虹列車の悲劇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

金沢で寝台特急「北陸」に乗った男が、上野駅に着いたときには白骨死体となっていた。人間は本当にたった八時間で白骨化してしまうものなのか? 越美北線の運転士が、山峡の線路上空に見た妖しく光る緑色の虹! 互いになんの関連もない異様な出来事を結びつけるものは何! そして牛深警部の謎の行動は? (講談社文庫)


金沢で寝台特急「北陸」に乗った男が、上野駅に着いたときには白骨死体となっていた。人間は本当にたった八時間で白骨化してしまうものなのか? 越美北線の運転士が、山峡の線路上空に見た妖しく光る緑色の虹! 互いになんの関連もない異様な出来事を結びつけるものは何! そして牛深警部の謎の行動は?

製品情報

製品名 虹列車の悲劇
著者名 著:阿井 渉介 解説:山前 譲
発売日 1996年12月12日
価格 定価:705円(本体641円)
ISBN 978-4-06-263409-0
判型 A6
ページ数 394ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1992年7月に小社より刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る