恵比寿屋喜兵衛手控え

講談社文庫
エビスヤキヘエテビカエ
  • 電子あり
恵比寿屋喜兵衛手控え
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

争いは世の常、人の常。江戸の世で、その争いの相談所が恵比寿屋のような公事宿だ。ある日、若者が恵比寿屋を訪れ、兄が知らぬ男に金を返せと訴えられたと相談した。喜兵衛は怪しい臭いを感じとる。事件の真相は如何に? 江戸の街に生きる市井の人々を、愛情込めて描く長編時代小説。第110回直木賞受賞作。(講談社文庫)


争いは世の常、人の常。
江戸の世で、その争いの相談所が恵比寿屋のような公事宿だ。
ある日、若者が恵比寿屋を訪れ、兄が知らぬ男に金を返せと訴えられたと相談した。
喜兵衛は怪しい臭いを感じとる。事件の真相は如何に?
江戸の街に生きる市井の人々を、愛情込めて描く長編時代小説。
第110回直木賞受賞作。

目次

  • 第一章 旅人宿
  • 第二章 初音の馬場
  • 第三章 見送る女
  • 第四章 猫背の刺客
  • 第五章 囲い込み
  • 第六章 白州留
  • 第七章 寺男
  • 第八章 川突き
  • 第九章 迷い蛍
  • 第十章 六十六部

製品情報

製品名 恵比寿屋喜兵衛手控え
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 1996年09月12日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-263340-6
判型 A6
ページ数 408ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’93年10月に講談社から刊行。

オンライン書店で見る