大砲松

講談社文庫
タイホウマツ
著:東郷 隆 解説:神坂 次郎
  • 電子あり
大砲松
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

神田和泉橋の五兵衛店(だな)に住む締出し松こと松三は、故あっての長屋暮らしだが贅沢三昧。実は大名家お出入りを許された槍屋「槍丹」の息子である。時は幕末、慶応4年、背中の傷(いれずみ)を見こまれて上野彰義隊へ入隊、大砲掛を仰せつけられたまではよかったが……。吉川英治文学新人賞受賞の破天荒な痛快時代小説。(講談社文庫)


神田和泉橋の五兵衛店(だな)に住む締出し松こと松三は、故あっての長屋暮らしだが贅沢三昧。実は大名家お出入りを許された槍屋「槍丹」の息子である。時は幕末、慶応4年、背中の傷(いれずみ)を見こまれて上野彰義隊へ入隊、大砲掛を仰せつけられたまではよかったが……。吉川英治文学新人賞受賞の破天荒な痛快時代小説。

目次

  • 1 締出し松
  • 2 仏式山砲
  • 3 黒門口
  • 4 敗走
  • 5 青山百人町
  • 6 大村豆腐
  • 7 高輪大木戸
  • 8 胴火の睦
  • 9 戯れ絵
  • 10 品川御用
  • 11 お助け不動
  • 12 俄坊主
  • 13 大掃除
  • あとがき

製品情報

製品名 大砲松
著者名 著:東郷 隆 解説:神坂 次郎
発売日 1996年09月12日
価格 定価:705円(本体641円)
ISBN 978-4-06-263335-2
判型 A6
ページ数 342ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『小説現代』1992年9月号から1993年11月号に断続連載されたものに加筆し、1993年12月、小社から刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る