子づれ兵法者

講談社文庫
コヅレヒョウホウシャ
  • 電子あり
子づれ兵法者
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

剛剣が唸り小太刀が舞う、武士の世界。我が子の命を賭け真剣で勝負を挑んだ兵法者と、その男を愛してしまった道場主の娘を描いた表題作をはじめとする7編の時代小説短編集。自らも剣の達人である筆者が洞察力鋭く、緊迫した立ち合いの瞬間を描く。ドゥ・マゴ文学賞に輝いた『黄落』に続く佐江作品の傑作。

目次

  • 子づれ兵法者
  • 菖蒲の咲くとき
  • 峠の伊之吉
  • 鼻くじり庄兵衛
  • 猪丸残花剣
  • 女鳶初纏
  • 装腰綺譚

製品情報

製品名 子づれ兵法者
著者名 著:佐江 衆一 解説:清原 康正
発売日 1996年09月12日
価格 定価 : 本体524円(税別)
ISBN 978-4-06-263333-8
判型 A6
ページ数 322ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1992年12月に小社より刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る