東福門院和子の涙

講談社文庫
トウフクモンインマサコノナミダ
  • 電子あり
東福門院和子の涙
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

徳川2代将軍の娘和子(まさこ)は、史上初めて、武家から朝廷に嫁ぎ、「稀なる福運の姫君」と称えられた。戦国を毅然として生きた女性・お市の方の血を引いて、自らの苦悩は決して語らない女性であったが、宮廷の冷たい仕打ちは、中宮の紅絹(もみ)の布が知っていた……。涙を秘めた慈愛の国母を描いて、深い感動をよぶ長編小説(講談社文庫)。


徳川2代将軍の娘和子(まさこ)は、史上初めて、武家から朝廷に嫁ぎ、「稀なる福運の姫君」と称えられた。戦国を毅然として生きた女性・お市の方の血を引いて、自らの苦悩は決して語らない女性であったが、宮廷の冷たい仕打ちは、中宮の紅絹(もみ)の布が知っていた……。涙を秘めた慈愛の国母を描いて、深い感動をよぶ長編小説。

目次

  • 母君お江与の方
  • お身内ご大切
  • 伽羅の香のご誕辰
  • 禁中事情
  • 手すさびの押絵
  • 愛染明王
  • 入 内
  • 雪の御賀
  • 左近の桜
  • 観菊の宴
  • 女帝即位
  • 紅絹の涙
  • ご来迎の光景

製品情報

製品名 東福門院和子の涙
著者名 著:宮尾 登美子
発売日 1996年09月12日
価格 定価 : 本体781円(税別)
ISBN 978-4-06-263322-2
判型 A6
ページ数 530ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1993年4月に小社より刊行。

オンライン書店で見る