金雀枝荘の殺人

講談社文庫
エニシダソウノサツジン
著:今邑 彩 解説:西上 心太
  • 電子あり
金雀枝荘の殺人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

金雀枝(えにしだ)の花が満開に咲くころ、一年に一度、かれらがこの館を訪ねる。また、あの季節が巡ってきた……。完璧に封印された館で発見された、不条理極まる6人の死。過去にも多くの命を奪った「呪われた館」で繰り広げられる新たなる惨劇、そして戦慄の真相とは? 息をもつかせぬ、恐怖と幻想の本格ミステリー。

製品情報

製品名 金雀枝荘の殺人
著者名 著:今邑 彩 解説:西上 心太
発売日 1996年07月13日
価格 定価:598円(本体544円)
ISBN 978-4-06-263296-6
判型 A6
ページ数 344ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1993年3月、小社ノベルスとして刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る