色判官絶句

講談社文庫
イロハンカンゼック
  • 電子あり
色判官絶句
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

舞台は中国、明の時代。港町の寧波(ニンポー)に都から色男の判官、柳禎之(りゅうていし)がやってきた。迎えうつのは海の荒くれどもを従え、港を牛耳る若き女傑、高悠環(こうゆうかん)。その美貌とはうらはらに、火竜娘(かりゅうじょう)と呼ばれるほど気性は激しい。そこへ彼女に好意を寄せる呉家の頭(かしら)、鷹訓(ようくん)もからんで……。恋と権力、冒険。痛快無比の中国ロマン。

目次

  • 1 寧波港小景
  • 2 明州虞美人
  • 3 輪舞
  • 4 舟山地獄めぐり
  • 5 暴風頻り
  • 6 暗雲急
  • 7 対決前夜
  • 8 色判官変化
  • 9 夏嵐
  • 10 乱雲
  • 11 紫陽花庵哀情
  • 12 落日没するとき
  • 13 激鬧団円
  • あとがき
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 色判官絶句
著者名 著:藤 水名子 解説:縄田 一男
発売日 1996年06月13日
価格 定価:790円(本体718円)
ISBN 978-4-06-263273-7
判型 A6
ページ数 498ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1993年4月に、講談社から単行本として刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る