恨みの陸中リアス線

講談社文庫
ウラミノリクチュウリアスセン
  • 電子あり
恨みの陸中リアス線
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

北へ走る三陸鉄道を襲う殺意。殺人予告を知りながら救えなかった、十津川警部痛恨の事件ーー北へ走る三陸鉄道リアス線の車内で、水産会社社長が殺された。男の身元を知って、十津川は自責の念にかられる。殺害予告の脅迫状に怖えた被害者の娘が、父の死の前日、捜査一課に助けを求めていたのだ。そして、上野で起こった第2の殺人が、十津川を宮古へと向かわせた。怒りに燃え真相に迫る十津川警部の推理。

製品情報

製品名 恨みの陸中リアス線
著者名 著:西村 京太郎
発売日 1996年04月12日
価格 定価:513円(本体466円)
ISBN 978-4-06-263128-0
判型 A6
ページ数 270ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1992年12月小社ノベルスとして刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る