生贄伝説殺人事件

講談社文庫
イケニエデンセツサツジンジケン
  • 電子あり
生贄伝説殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長野県の諏訪に古代より伝わる秘密宗教結社「ミシャグジ教団」の信者たちが、50年に一度の大祭に結集し、10代の美少女を生けにえにする「闇の大祭」が近づいているという。そんな折、諏訪出身のレストランの主人が一人娘を誘拐されてしまう。彼は名探偵・滝連太郎に救出を依頼したが、殺人事件に発展してしまう。3人の美少女が秘密宗教の儀式でで生贄に……ロリコン・マニアとカルト教団を結ぶ黒い罠とは? 謎解き伝奇ミステリーの傑作!<『古代諏訪生贄伝説殺人』改題作品>

製品情報

製品名 生贄伝説殺人事件
著者名 著:山村 正夫 解説:加藤 恭子
発売日 1995年10月04日
価格 定価 : 本体427円(税別)
ISBN 978-4-06-263087-0
判型 A6
ページ数 250ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1992年2月に小社より講談社ノベルスとして刊行された「古代諏訪生贄伝説殺人」を改題

オンライン書店で見る