絵の中の殺人

講談社文庫
エノナカノサツジン
  • 電子あり
絵の中の殺人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現役を引退した元プロ野球選手。なぜか第2の人生は、美術学校の事務員。その歓迎会の夜、上司がアトリエで殺された。だが1年前には、理事長が殺されていた。今回の被害者は、実は理事長の子飼いだった。理事長の威光をかさに粛清を行っていた悪評の人物。事件はにがい思いをした者たちの反撃なのか。それとも? 元野球選手の探偵が決めた見事なスクイズ。美しい絵画が凶器になった? トリック・ミステリーの傑作。

製品情報

製品名 絵の中の殺人
著者名 著:奥田 哲也 解説:太田 忠司
発売日 1996年11月14日
価格 定価 : 本体602円(税別)
ISBN 978-4-06-263026-9
判型 A6
ページ数 334ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1992年9月に講談社ノベルスとして刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る