花と龍(下)

ハナトリュウゲ
  • 電子あり
花と龍(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

喧嘩と暴力が日常の沖仲仕の上にも、近代化の波は押し寄せる。巨大資本による石炭積み込みの機械化が企てられ、若松港で玉井組の親方となった金五郎は、荷主側との交渉に身体をはった。争議、脅迫、奸計、ヤクザとの生命をかけた抗争……。時代の激流と沖仲仕の独特な信念がひきおこす事件の連続のなかに、明治の男と女の豪放で繊細な交情を鮮やかに定着させた、痛快無類、興趣抜群の自伝的長編。


喧嘩と暴力が日常の沖仲仕の上にも、近代化の波は押し寄せる。巨大資本による石炭積み込みの機械化が企てられ、若松港で玉井組の親方となった金五郎は、荷主側との交渉に身体をはった。争議、脅迫、好計、ヤクザとの生命をかけた抗争……。時代の激流と沖仲仕の独特な信念がひきおこす事件の連続のなかに、明治の男と女の豪放で繊細な交情を鮮やかに定着させた、痛快無類、興趣抜群の自伝的長編。

製品情報

製品名 花と龍(下)
著者名 著:火野 葦平
発売日 1996年01月19日
価格 定価 : 本体835円(税別)
ISBN 978-4-06-262031-4
判型 A6
ページ数 446ページ
初出 『現代長編文学全集22 火野葦平』1969年講談社刊

オンライン書店で見る