山折哲雄対談集 日本人のこころの旅

こころライブラリー
ヤマオリテツオタイダンシュウニホンジンノココロノタビ
山折哲雄対談集 日本人のこころの旅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人の精神源流を読み解く

悩める現代人のこころのふるさとを求めて
10人の碩学が神道から仏教、キリスト教、イスラム教までの宗教観の系譜を語り尽くす!

世界に悲しい事件が絶えないように、われわれの生命の深層にも声にならない悲哀の旋律が流れはじめているのである。
そういえば神の栄光をたたえるレクイエムや賛美歌にも、その悲哀のメロディーが流れていた。地の底をはうようなコーランの詠唱にも、そして菩薩の慈悲に与ろうとする声明やご詠歌の旋律のなかにも、それは絶えることなく流れつづけている。悲しみのなかの共生、という言葉がふと浮かぶ。悲哀のなかの連帯というイメージが、いまさらのようによみがえる。しかし本当のところをいえば、これこそがそもそも宗教の原風景というものだったのではないか。――<「序にかえて」より>

[主な内容]
日本宗教の源流 梅原猛(哲学者)
日蓮の思想 渡邊寶陽(立正大学名誉教授)
日本人の美意識と宗教 ドナルド・キーン(コロンビア大学名誉教授)
神道とは何か 工藤伊豆(神社本庁前総長)
宗教と心理療法 河合隼雄(文化庁長官)
法と宗教 中坊公平(元日本弁護士連合会会長)
仏教とイスラム教 森本公誠(華厳宗管長、東大寺別当)
「南無アッバ」への道 井上洋治(カトリック司祭)
禅の世界観 柳田聖山(京都大学名誉教授)
仏教と女性の影響 バーバラ・ルーシュ(コロンビア大学名誉教授)

製品情報

製品名 山折哲雄対談集 日本人のこころの旅
著者名 著:山折 哲雄
発売日 2006年01月26日
価格 定価:2,200円(本体2,000円)
ISBN 978-4-06-259478-3
判型 四六
ページ数 398ページ
シリーズ こころライブラリー
初出 宗教専門誌『中外日報』の創刊百十周年記念企画として、’03年8月~’05年7月にかけて連載された「山折哲雄氏シリーズ対談 宗教再考」をまとめ、一部加筆。

書店在庫を見る