北条氏と鎌倉幕府

講談社選書メチエ
ホウジョウシトカマクラバクフ
北条氏と鎌倉幕府
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

北条氏は、なぜ将軍にならなかったのか。なぜ鎌倉武士たちはあれほどに抗争を繰り返したのか。執権政治、得宗専制を成立せしめた論理と政治構造とは──。承久の乱を制し、執権への権力集中を成し遂げた義時と、蒙古侵略による危機の中、得宗による独裁体制を築いた時宗。この二人を軸にして、これまでになく明快に鎌倉幕府の政治史を見通す画期的論考! (講談社選書メチエ)


北条氏は、なぜ将軍にならなかったのか。
なぜ鎌倉武士たちはあれほどに抗争を繰り返したのか。
執権政治、得宗専制を成立せしめた論理と政治構造とは──。
承久の乱を制し、執権への権力集中を成し遂げた義時と、蒙古侵略による危機の中、得宗による独裁体制を築いた時宗。
この二人を軸にして、これまでになく明快に鎌倉幕府の政治史を見通す画期的論考!

目次

  • 第一章 北条氏という家
  • 第二章 江間小四郎義時の軌跡――伝説が意味するもの
  • 第三章 相模太郎時宗の自画像――内戦が意味するもの
  • 第四章 辺境の独裁者――四人目の源氏将軍が意味するもの
  • 第五章 カリスマ去って後

製品情報

製品名 北条氏と鎌倉幕府
著者名 著:細川 重男
発売日 2011年03月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258494-4
通巻番号 493
判型 四六
ページ数 236ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る