選書日本中世史 3 将軍権力の発見

講談社選書メチエ
センショニホンチュウセイシ3ショウグンケンリョクノハッケン
  • 電子あり
選書日本中世史 3 将軍権力の発見
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

選書日本中世史 第3弾!
公家政権と武家政権と寺社勢力……室町幕府の傑出した統治構造とは!?

室町幕府にできて、鎌倉幕府にはできなかったこと。それは、「太平の世」前夜の、動乱の続く地方に対して中央政権として安定的に君臨することである。そのために室町幕府が考え出した統治構造とは? 自明のものとされてきた将軍の主従性的支配権に一石を投じ、天皇・公家の持つ力の本質を検証することで、明らかになった将軍権力とは、いったいどんなものだったのか? 「わかりにくい中世をどうわかりやすくするか」の大問題に真っ向から挑む、刺激に満ちた1冊。

目次

  • 第1章 鎌倉幕府の権力構造
  • 第2章 室町幕府の二頭政治
  • 第3章 「文書」と権力
  • 第4章 細川頼之の統治構想
  • 第5章 禅宗と室町幕府
  • 第6章 公家政権の「継承する力」
  • 第7章 公家と武家

製品情報

製品名 選書日本中世史 3 将軍権力の発見
著者名 著:本郷 恵子
発売日 2010年09月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258469-2
通巻番号 468
判型 四六
ページ数 252ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る