イスラーム教 「異端」と「正統」の思想史

講談社選書メチエ
イスラームキョウイタントセイトウノシソウシ
  • 電子あり
イスラーム教 「異端」と「正統」の思想史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「最終預言者」ムハンマド亡き後、「信仰」の正しさは誰が決めるのか。あくまで信仰の純正性を追究する「極端派」、生活との「妥協」を計るその他の多数派。イスラーム教は両者の対立・抗争のダイナミズムから誕生した。イスラーム教形成のプロセスを根源から考察し、ムハンマドが創始した新たなる宗教がスンナ派、シーア派に分かれ、われわれの知る「イスラーム教」になるプロセスを読み直す、スリリングな思想史の登場。


イスラーム教形成のプロセスを根源から考察。「正統」は「異端」から生まれる。ムハンマドが創始した宗教がスンニ派、シーア派に分かれ我々の知るイスラーム教になるまでの過程を読み直す新たな思想史の登場。

目次

  • 第1章 理想の信仰共同体と「分派」の出現
  • 第2章 「異端」と「正統」
  • 第3章 「宗教宗派」シーア派の成立
  • 第4章 イマーム派と極端派
  • 第5章 イスラーム教のメシア思想
  • 第6章 裏切られた革命
  • 第7章 12イマーム派とイスマーイール派の台頭
  • 第8章 シーア派とスンナ派の対峙
  • 第9章 イスラーム教教義の限界に向かって

製品情報

製品名 イスラーム教 「異端」と「正統」の思想史
著者名 著:菊地 達也
発売日 2009年08月12日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-258446-3
通巻番号 446
判型 四六
ページ数 274ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る