加耶と倭 韓半島と日本列島の考古学

講談社選書メチエ
カヤトワカンハントウトニホンレットウノコウコガク
  • 電子あり
加耶と倭 韓半島と日本列島の考古学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

謎多き古代日韓関係を韓半島側から検証する。任那日本府はなかった。韓半島に存在する倭人前方後円墳の意義とは。藤ノ木古墳になぜ新羅産馬具が副葬されたのか。韓日考古学の成果を総合し、加耶から百済・新羅に至る古代韓日交渉史を新たな視点で読み直す画期的論考。(講談社選書メチエ)


謎多き古代日韓関係を韓半島側から検証する

任那日本府はなかった。韓半島に存在する倭人前方後円墳の意義とは。藤ノ木古墳になぜ新羅産馬具が副葬されたのか。韓日考古学の成果を総合し、加耶から百済・新羅に至る古代韓日交渉史を新たな視点で読み直す画期的論考。

目次

  • 第1章 古代韓日交渉史を見なおす
  • 第2章 加耶と倭――古代韓日交渉の始まり
  • 第3章 「任那日本府」はなかった――百済と倭
  • 第4章 藤ノ木古墳馬具の出自はどこか――新羅と倭
  • 終章 古代韓日交渉をどう見るか

製品情報

製品名 加耶と倭 韓半島と日本列島の考古学
著者名 著:朴 天秀
発売日 2007年10月12日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-258398-5
通巻番号 398
判型 四六
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る