「弱い父」ヨセフ キリスト教における父権と父性

講談社選書メチエ
ヨワイチチヨセフキリストキョウニオケルフケントフセイ
「弱い父」ヨセフ キリスト教における父権と父性
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

父は弱い だが父は強い
父の「原型」から21世紀の父親像を考える

受け入れ、養う。それが父親の役割だ。望まずしてイエス・キリストの父となった聖ヨセフ。聖書にはほとんど言及のなかった1人の「父」がすべての「父」のモデルになったのはなぜか。ヨセフ像の変遷をたどりながら、現代に必要とされている真の父の「ありかた」を考える。

目次

  • 序章 可能性のヨセフ
  • 第1章 ヨセフの生涯
  • 第2章 観想のヨセフ――聖フランチェスコの馬小屋
  • 第3章 政治のヨセフ
  • 第4章 ヨセフが父になったわけ
  • 第5章 不思議のヨセフ
  • 第6章 ヨセフの21世紀
  • 終章 「強い父」と聖ヨセフ

製品情報

製品名 「弱い父」ヨセフ キリスト教における父権と父性
著者名 著:竹下 節子
発売日 2007年08月11日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-258395-4
通巻番号 395
判型 四六
ページ数 228ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る