春画

講談社選書メチエ
シュンガカタテデヨムエドノエ
春画
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一読瞠目のSHUNGA論!
春画はまさしくそれが性(セックス)についてのものであるがゆえに、他のどういう絵画の形式とも異なるのだ。

春画が描いたのは「現実」ではなく、江戸人士の「性的幻想」である。春画はどう使われたのか?巨大な生殖器、豆男、動植物や小道具に託された意味とは?江戸の性(セクシュアリティ)、身体、象徴、窃視、空間システムなど、多方面から、美術史の1つの特異点を創造した江戸という時代の珍らかな顔貌(かんばせ)を凝視する。

目次

  • ・大江戸春画トピアへようこそ
  • ・春画・セクシュアリティ・美人画
  • ・分節される身体
  • ・春画の中のシンボル
  • ・窃視の政治学
  • ・性と外界
  • ・この絵は勝ってはいけない

製品情報

製品名 春画
著者名 著:タイモン・スクリ-チ 訳:高山 宏
発売日 1998年04月10日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-258128-8
通巻番号 128
判型 四六
ページ数 286ページ
シリーズ 講談社選書メチエ