北の十字軍

講談社選書メチエ
キタノジュウジグンヨーロッパノホッポウカクダイ
北の十字軍
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は中世、ヨーロッパ北方をめざす「もう1つの十字軍」があった。教皇の名の下、「異教徒を根絶」すべく残虐の限りを尽くすドイツ騎士団。それを正当化した「思想」とは何か?大殺戮批判が生んだ「人権思想」とは?3世紀に及ぶゲルマン・スラブの相克から「大航海期」までをも展望し、ヨーロッパ拡大の理念とその矛盾を抉りだす。

目次

  • ●プロローグ──映画「アレクサンドル・ネフスキー」が語るもの
  • ●フランク帝国とキリスト教
  • ●ヴェンデ十字軍
  • ●リヴォニアからエストニアへ
  • ●ドイツ騎士修道会
  • ●タンネンベルクの戦い
  • ●コンスタンツの論争
  • ●エピローグ──「北の十字軍」の終焉とヨーロッパのグローバルな拡大

製品情報

製品名 北の十字軍
著者名 著:山内 進
発売日 1997年09月10日
価格 定価:2,090円(本体1,900円)
ISBN 978-4-06-258112-7
通巻番号 112
判型 四六
ページ数 326ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

おすすめの本

書店在庫を見る