島の植物誌 進化と生態の謎

講談社選書メチエ
シマノショクブツシシンカトセイタイノナゾ
島の植物誌 進化と生態の謎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 1 植物は海洋島へどうやって渡るのか
  • 2 海洋島の上での進化のドラマ
  • 3 植物の数は何によって決まるか
  • 4 海洋島の植物生態系
  • 5 島の植物の保全

製品情報

製品名 島の植物誌 進化と生態の謎
著者名 著:伊藤 秀三
発売日 1994年04月04日
価格 定価:1,602円(本体1,456円)
ISBN 978-4-06-258016-8
通巻番号 16
判型 四六
ページ数 246ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:伊藤 秀三(イトウ シュウゾウ)

1932年、広島県に生まれる。広島大学大学院理学研究科博士課程修了。長崎大学教養部教授。理学博士。専攻は、植物/植物生態学。著書に、『群落の組成と構造』(植物生態学講座2 編著・朝倉書店)、『新版 ガラパゴス諸島「進化論」のふるさと』、『ガラパゴス諸島 いきものたちの進化と生態』(岩波書店)、訳書に、『島の生命』などがある。

書店在庫を見る