可能性としての「戦後」

講談社選書メチエ
カノウセイトシテノセンゴ
著:桜井 哲夫 装丁:山岸 義明 装丁:中津川 稔
可能性としての「戦後」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

焼けあとは、多くの思想の「現場」を生んだ。杉浦明平、花森安治、松田道雄……。彼らが立ちあがり、歩きはじめた場所はそのまま私たちの出発点であった。軍隊の消滅。国家没落のあとの明るさ。何もないがゆえの平等と自由。いま、あらためて「戦後」の意味を問いなおす。

目次

  • 1 廃墟から――自由について
  • 2 戦後思想のなかの「軍隊」――「軍」はいかに描かれたか
  • 3 「自由学校」の男と女――獅子文六の戦後
  • 4 「ムラ」の政治――杉浦明平のルポルタージュ
  • 5 民衆的理性のために――花森安治と「暮しの手帖」
  • 6 子どもに自由を――松田道雄の仕事
  • 7 戦争は終わった――私たちは何処から出発してきたのか

製品情報

製品名 可能性としての「戦後」
著者名 著:桜井 哲夫 装丁:山岸 義明 装丁:中津川 稔
発売日 1994年01月21日
価格 定価 : 本体1,456円(税別)
ISBN 978-4-06-258007-6
通巻番号 7
判型 四六
ページ数 254ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る