近代性の構造

講談社選書メチエ
キンダイセイノコウゾウ
  • 電子あり
近代性の構造
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鐘楼が時計にかわったとき、近代は始まった。そして、いま――。人種・環境・差別・体制……。山積みの問題に、世界はあえいでいる。のりこえる道はあるのか。切断線としての1968年の意味を問い直し、時間と機械の精神が支配する「近代性」の根源を洗い出し、脱-近代を「試み」る意欲作。(講談社選書メチエ)


鐘楼が時計にかわったとき、近代は始まった。そして、いま――。人種・環境・差別・体制……。山積みの問題に、世界はあえいでいる。のりこえる道はあるのか。切断線としての1968年の意味を問い直し、時間と機械の精神が支配する「近代性」の根源を洗い出し、脱-近代を「試み」る意欲作。

目次

  • 1 懐疑される近代――切断線としての68年
  • 2 近代性の根源――時間論
  • 3 制作される近代的世界像――機械論
  • 4 メカニズムとしての近代市民社会――自己規律論
  • 5 「排除」と「差別」の近代を超えて――異者共同体論

製品情報

製品名 近代性の構造
著者名 著:今村 仁司
発売日 1994年01月20日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-258001-4
通巻番号 1
判型 四六
ページ数 278ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る