海に還った哺乳類 イルカのふしぎ

ブルーバックス
ウミニカエッタホニュウルイイルカノフシギ
  • 電子あり
海に還った哺乳類 イルカのふしぎ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

5500万年前、彼らは突然、海へと戻っていった──。かつて陸上で暮らしたイルカの祖先は、なぜ海中生活に舞い戻ったのか? 海が進化させた独自のからだと「水中生物最大の脳」の秘密とは? 乳母や保母に育てられる“女系社会”の掟や、「鳴き声」を名刺代わりに使う知性に驚嘆する──。「ヒトと会話ができ、文字が読めるイルカ」を目指して探究してきた第一人者が語る、最新イルカ学のすべて。


「イルカと話したい!」

「言葉を理解する」スーパーシロイルカと、イルカ博士の20年間の奮闘記――。

5500万年前、彼らは突然、海へと戻っていった――。

かつて陸上で暮らしたイルカの祖先は、なぜ海中生活に舞い戻ったのか?
海が進化させた独自のからだと「水中生物最大の脳」の秘密とは?

乳母や保母に育てられる“女系社会”の掟や、
「鳴き声」を名刺代わりに使う知性に驚嘆する――。

「ヒトと会話ができ、文字が読めるイルカ」を目指して探求してきた第一人者が語る、最新イルカ学のすべて。


村山司(むらやま・つかさ)
一九六〇年、山形県生まれ。東京大学大学院博士課程修了、博士(農学)。水産庁(現・水産総合研究センター)水産工学研究所、東京大学を経て、現在、東海大学海洋学部教授。高校時代に見た映画がきっかけとなり、イルカとの会話を目指す。主に飼育下のイルカを対象として、視覚能力や認知機構の解明に取り組んでいる。主な著書に『イルカが知りたい』(講談社)『海獣水族館』『ケトスの知恵』(ともに東海大学出版会)『イルカ』(中央公論新社)『イルカの認知科学』(東京大学出版会)などがある。

目次

  • プロローグ 海に還った哺乳類
  • 第1章 なぜ深く潜れるのか?――「海で生きる」を可能にしたからだの秘密
  • 第2章 イルカは女系社会だった!?――乳母に育てられる子どもたち
  • 第3章 「歌うクジラ」は本当か――イルカたちの賑やかな日常
  • 第4章 水中で暮らすイルカは地上の夢を見るか――半球睡眠のふしぎ
  • 第5章 巨大な脳に潜む知性――イルカの心をどう探るか
  • 第6章 「イルカと話したい!」――スーパーベルーガとの二〇年
  • エピローグ イルカと話す、その日のために

製品情報

製品名 海に還った哺乳類 イルカのふしぎ
著者名 著:村山 司
発売日 2013年08月21日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-257826-4
通巻番号 1826
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る