森が消えれば海も死ぬ 第2版

ブルーバックス
モリガキエレバウミモシヌダイ2ハン
  • 電子あり
森が消えれば海も死ぬ 第2版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

森はいかにして海を豊かにするのか。昔から、魚介類を増やすには水辺の森林を守ることが大切とされ、こうした森は「魚つき林」と呼ばれた。森の栄養が海の生き物を育てているのだ。現在、漁師たちが山の木を育てる「漁民の森」運動が全国で進められている。その科学的根拠ともなった「陸と海を結ぶ生態系」を解き明かす。(ブルーバックス・2010年2月刊)


「森を育てたら、魚が帰ってきた!」
いま注目される、森林が海の生物に果たす役割

森はいかにして海を豊かにするのか
昔から、魚介類を増やすには水辺の森林を守ることが大切とされ、こうした森は「魚つき林」と呼ばれた。森の栄養が海の生き物を育てているのだ。現在、漁師たちが山の木を育てる「漁民の森」運動が全国で進められている。その科学的根拠ともなった「陸と海を結ぶ生態系」を解き明かす。

森と海はつながっている――新たな視点で生態系を解明した衝撃の名著から16年。日本各地、さらには東南アジアまで飛び回り、海の再生に取り組み続ける著者が、最新の事例と研究成果を大幅加筆し内容を一新!

目次

  • はじめに
  • 第1章 魚を育てる森
  • 第2章 森が貧しいと海も貧しい
  • 第3章 海の砂漠化
  • 第4章 海と人間のかかわり
  • 第5章 地球環境再生のカギを握る森林と海
  • おわりに
  • 関連・参考図書

製品情報

製品名 森が消えれば海も死ぬ 第2版
著者名 著:松永 勝彦
発売日 2010年02月19日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-257670-3
通巻番号 1670
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る