量子テレポーテーション

ブルーバックス
リョウシテレポーテーション
  • 電子あり
量子テレポーテーション
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

測定すると簡単に壊れてしまう量子状態をどうすれば遠く離れたところに伝送できるのか? その突破口は、皮肉にも、アインシュタインが「spooky(きもい)」と言い放った「量子もつれ」を利用することだった。EPRパラドックスに決着をつけ、量子コンピューターへの道をひらく量子テレポーテーション研究の最前線を紹介する。(ブルーバックス・2009年8月刊)


量子力学のパラドックスを実験的に検証する。からみあった量子どうしはいくら遠くに引き離してもつながっている。アインシュタインを悩ませた難問を解決した実験の原理と量子コンピュータへの応用を展望する。

目次

  • 第1章 位置と運動量の量子テレポーテーション
  • 第2章 2つの値しか取らない量子テレポーテーション
  • 第3章 光を用いた位置と運動量の量子テレポーテーション
  • 第4章 量子テレポーテーションの応用

製品情報

製品名 量子テレポーテーション
著者名 著:古澤 明
発売日 2009年08月21日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-257648-2
通巻番号 1648
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る