見えない巨大水脈 地下水の科学

ブルーバックス
ミエナイキョダイスイミャクチカスイノカガク
  • 電子あり
見えない巨大水脈 地下水の科学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

地球上の水のほとんどは海水である。人類が使用可能な淡水は、大部分が私たちの足下を流れている地下水なのだ。その量は地球上の水の0.66%にすぎない。しかも一度使った地下水は、再び同じ量が涵養されるまでに、長い歳月を要する。この貴重な資源を科学的に見つめながら、水脈の探し方、井戸の掘り方、汚染対策など最新知識も満載の「水」の見方が変わる本。水質が一覧できる「名水百選ガイド」付き!


人間が使える水のほとんどは地下水です
水質から由来まで「名水百選ガイド」付き

「0.66%」に世界中の人が依存している
地球上の水のほとんどは海水である。人類が使用可能な淡水は、大部分が私たちの足下を流れている地下水なのだ。その量は地球上の水の0.66%にすぎない。しかも一度使った地下水は、再び同じ量が涵養されるまでに、長い歳月を要する。この貴重な資源を科学的に見つめながら、水脈の探し方、井戸の掘り方、汚染対策など最新知識も満載の「水」の見方が変わる本。水質が一覧できる「名水百選ガイド」付き!

日本人も地下水なしでは生きられない!
日本の年間のバーチャルウォーター総輸入量=800億立方メートル
日本の年間の総水資源使用量=900億立方メートル

目次

  • 第1章 その価値は石油にも等しい
  • 第2章 地下水を味わう
  • 第3章 こんな場所にも地下水が
  • 第4章 地下水、その多様な姿
  • 第5章 地下水を掘る、探る
  • 第6章 過剰なくみ上げ、沈む地盤
  • 第7章 汚される地下水
  • 第8章 地下水と人間の未来
  • <付録>名水百選ガイド

製品情報

製品名 見えない巨大水脈 地下水の科学
著者名 著:日本地下水学会 著:井田 徹治
発売日 2009年05月21日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-257639-0
通巻番号 1639
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る