分子進化のほぼ中立説

ブルーバックス
ブンシシンカノホボチュウリツセツ
  • 電子あり
分子進化のほぼ中立説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

遺伝子から、生物進化を考える。自然淘汰だけで、進化は語れるだろうか? どんなに優れた形質でも、子に受け継がれなくては、その形質は絶えてしまう。受け継がれるかどうかは、確率が支配する。集団遺伝学の第一人者が提唱する偶然と淘汰の新しい進化モデルを解説する(ブルーバックス・2009年5月刊)


生物が進化するということは、遺伝子が変化するということだ。遺伝子は偶然と必然の微妙なバランスで進化してきた。

遺伝子から、生物進化を考える
自然淘汰だけで、進化は語れるだろうか? どんなに優れた形質でも、子に受け継がれなくては、その形質は絶えてしまう。受け継がれるかどうかは、確率が支配する。集団遺伝学の第一人者が提唱する偶然と淘汰の新しい進化モデルを解説する

1968年、国立遺伝学研究所の木村資生博士によって提唱された「中立説」は、自然選択説を信奉していた進化の研究者たちにたいへん大きな衝撃を与えました。その共同研究者で、中立説の理論的発展に貢献した著者が、実際の生物進化に即してさらに理論的に推し進めた仮説が、現在は国際的にも高く評価されている「ほぼ中立説」です。

目次

  • 第1章 集団遺伝学とは
  • 第2章 中立説提唱の前後
  • 第3章 ほぼ中立説の始まり
  • 第4章 ほぼ中立説の予測の検証
  • 第5章 遺伝子重複による進化
  • 第6章 遺伝子発現調節の進化
  • 第7章 自然淘汰検出の集団遺伝学
  • 第8章 ヒトゲノムの特徴
  • 第9章 ロバストネス、エピジェネティクス、そして形態の進化

製品情報

製品名 分子進化のほぼ中立説
著者名 著:太田 朋子
発売日 2009年05月21日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-257637-6
通巻番号 1637
判型 新書
ページ数 176ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る

オンライン書店で見る